就職祝い

就職祝いは、知っているように見えて、意外にも知らない事がたくさんあるのです。意外と知らない就職祝いの知識を解説しています。

就職祝いは、知っているように見えて、意外にも知らない事がたくさんあるのです。意外と知らない就職祝いの知識を解説しています。

就職祝いとは

就職祝い

大学や高校を卒業し就職をした人に贈るのが、就職祝いというものです。
卒業祝いを兼ねており、社会人のスタートにふさわしい贈り物が好まれます。
先輩後輩関係にある人からや、知人からの就職祝いは、印鑑、名刺入れ、ビジネスバック、ベルトなどが多いようです。
社会人になると使用頻度が増える品物が人気のようです。
万年筆やボールペン、手帳などもいいでしょう。
女性への就職祝いには、化粧品やアクセサリーなども喜ばれます。
就職祝いを親から子へ、伯父や伯母から甥や姪へ贈る場合には、スーツや背広をプレゼントすることもあります。
寝具や生活用品も、就職をきっかけに1人暮らしを始めるという人にはおすすめのプレゼントです。
就職祝いは実用的なものが多いので、思い切って相手に欲しいものを聞いてみるという方法もあります。
最も実用的なものは現金かもしれません。
学生から社会人になったことで、今まで必要としなかった様々なものが必要になることもあります。
お金を使わずに大事に取っておいていたけれど、もらったことを励みに頑張れたという人もいます。
就職祝いは、形のあるものとは限りません。
普段は行かないような高級な値段の高いレストランやホテルで、就職祝いをしてもらったという人もいます。
社会人としてのスタートのお祝いが就職祝いですからぜひ相手に喜ばれるものを心からのお祝いと激励を込めて贈るようにしましょう。

就職祝いのマナー

就職祝い

就職祝いや入学祝など人生の節目には多種多様なお祝いごとが存在しています。
就職祝いは、ごく親しい間柄同士のお祝いのやり取りです。
細々としたマナーを問うことはないかもしれませんが、互いに守るべき礼儀はあります。
就職は卒業と重なることがほとんどです。
就職祝いと卒業祝いが重なる場合は、就職祝いの方を重視して、就職祝いとして送るのが一般的です。
なるべく就職先が決定したら、早いうちに就職祝いをプレゼントしましょう。
なるべく入社式を迎える前に贈るように心がけましょう。
入社式後のなるべく早い時期までに、どうしても遅くなってしまった場合には贈るように心がけましょう。
お金で送る場合は、5,000円から20,000円が相場ですが、付き合いの深さや血縁関係の近さのほか、送る側の年齢によっても異なります。
のし袋に祝い金を入れて渡す場合は、表書に御祝とか就職御祝と書きます。
慣例としては、就職祝いのお返しは不要です。
電話やお礼状で感謝の気持ちは早めに伝えるようにします。
親しい人への連絡なら、メールでも構わないでしょう。
形式にこだわりすぎる必要はありません。
もしお返しをしたい時は、大まかな目安になるのが就職御祝いとしていただいたものの3分の1から2分の1程度の金額のものがベストです。

就職祝いの人気ランキング

どんなものを就職祝いを贈ったら相手に喜ばれるのか、多くの人が悩んでいるといいます。
就職祝いに送るものとしての定番は幾つかありますが、選択肢の幅は広く、御祝い品候補はたくさんあります。
相手の望むものをと考えるならば、何が欲しいか聞いたり、現金を就職祝いにして欲しいものを自分で買ってもらうという方法もあります。
こちらから選ぶ場合は、営業職なら身につけるもの、事務職なら文房具類など、送る相手が必要そうなものを選んでみるといいでしょう。
最近人気の就職祝いは、男性にはネクタイ、女性には財布のようです。
スーツを着るようになればネクタイは何本でも欲しいもの。
自分で最初に買い揃えるネクタイは、無難な落ち着いた柄のものをつい選んでしまうものです。
きっと喜んでもらえるのが、就職祝いとして贈るハイセンスなネクタイかもしれません。
女性の場合は、新社会人になると学生時代とは持つ物も変わり、大人っぽいものが欲しくなるものです。
財布は人に見られる機会の多いもので、高級感のある財布は一目でわかります。
最近は、就職祝いにケーキを送るという人もいます。
おめでたい時には何といってもケーキです。
お菓子はお祝いごとの定番です。
お祝いの気持ちが詰まったデコレーションケーキや保ちのいい洋菓子などは、幅広い層に支持されており、人気商品となっています。
多くの人が、花束などもストレートに就職祝いの気持ちを表現することができるので好んで贈っているようです。


ページの先頭へ