適性 仕事

適性・仕事のことを説明するサイトです。適性・仕事に興味のある人、更に知りたい方にイチオシのサイトです。

適性・仕事のことを説明するサイトです。適性・仕事に興味のある人、更に知りたい方にイチオシのサイトです。

自分に合った仕事とは

適性 仕事

多くの人が、自分が適正を持つ仕事を持ちたいと思っているのではないでしょうか。
どうすれば、自分と相性がいい仕事を探し出すことができるものなのでしょう。
自分に合った仕事を見つけるためにはまずこれまでの自分の判断基準を振り返ることです。
進学や就職など大きな人生の転機でなぜ自分はそれを選んだのかを振り返ってみましょう。
どんなことに満足し、どんな結果が不満だったかが徐々に見えてきます。
思考の基点にしていたものを紙に書き連ねてみることで、自分が優先してきたことは何かか浮き彫りになります。
これまで自分が重んじていたのは周りの評価か、目標への達成感なのか、奉仕の精神なのかなどがわかってきます。
現在の職場が、今まで自分が優先していたものと合致しているかどうかを確認してみましょう。
新たに仕事を見つける場合でも自分の価値観が明確であれば判断がしやすくなります。
自分に合う仕事が分からないという人はゴールが決められず迷っている状態です。
なぜ迷うのかというと実は世の中にどんな仕事があるかを知らないからです。
仕事の種類や内容について少ししか知らなければ、そこから自分に合うものを探そうにも見つけられません。
自分に合う仕事を見つけるためには、まず世の中にはどんな仕事が存在しているのかを調べることが大事です。

自分に合った仕事を見つける方法

適性 仕事

何をすれば、自分と相性がいい仕事は何かを知ることができるでしょう。
自己分析を掘り下げることもいいですが、世の中にはどんな仕事があるかを知ることでも、いい仕事に巡り会える可能性が上がります。
視野が狭いと自分に合った仕事に出会うチャンスを逃すことになります。
給料や勤務場所などの条件はきちんと現実を見ながらある程度妥協することも大事です。
家族や友人など身近な人ところにこそ世の中を知るチャンスが実はたくさんあります。
視野が広がって思わぬところで選択肢が増えたりするものです。
畑違いの仕事の話を耳にしたことがきっかけで、自分の中にあった新たな可能性に気づけることもあるでしょう。
自分と相性がいい仕事をしたいと考えた場合、仕事のしかたや、業種を一から検討するのもいいでしょう。
働き方は人によって多種多様で、正規雇用だけでなく、個人事業主や派遣労働などもあります。
業種を最初から狭めて考えるのではなく、フレキシブルにものを考えることで、感じ取れることもあります。
やりたいことがわからずなんとなく就職してしまったという人はひとまず今の仕事を一生懸命やってみるのも良い方法です。
頑張るすることで自分らしさが見えてこともあります。
仕事の食わず嫌いを無くすことも自分の仕事を見つけるためには重要です。
自分には無理だと思うような仕事も、続けていくうちに生きがいになっていく場合もあります。
自分に合う仕事と巡り合うためには、知らない世界にも飛び込んでいくような勇気も必要になるようです。

自分に合った仕事を探す3つのステップ

自分と相性のいい仕事につきたいという人は多いようです。
自分に合う仕事を知るためには、3つの段階を順々にクリアしていくことが大事です。
最初に、現状のことを文字化していきます。
仕事について不満足なことがある時は、仕事をどう位置づけているかを合わせて考えていきます。
自分が実際にどういう仕事をやっているのか数日間かけてしっかりと書き出していきましょう。
今の立場で一番大事なことは何なのかを考え、それから実際の仕事でやっていることをすべて書き出していきます。
仕事内容を文字にするというステップを、こまめに実行していくようにします。
自分がやった仕事を書きながら、それを好きな仕事、好きでない仕事、特に苦痛に感じない仕事などに分類します。
一通りの分析が終わったら、楽しい仕事を集めます。
楽しい仕事内容を軸にして、ずっとやっていてもいい仕事をまとめていきます。
夢物語のレベルでもいいので、やりたいことをずっとやっている自分を想像します。
何年も続けていけるイメージがわくか、それをしたいかを検討します。
仕事でも個人的なことでも好きなこと、続けたいこと、得意ことを書き出してみましょう。
1人で仕事をしたいのか、どんな会社で働きたいかなどを検討しましょう。
3つ目のステップは書き出したものを検証するということです。
今と将来をつなぐ流れを考えていきましょう。
これまでの作業で自分に対する分析を済ませていれば、考えもまとめやすくなっているでしょう。
自分のやりたい仕事に到達するステップを探し出してみましょう。

仕事の適性とは

自分の適性や能力を踏まえて仕事を選択することは、非常に大事なことといえます。
人と話す能力が高くて社交的な人は営業や販売の仕事に向いています。
人と話すのが苦手で、初対面の人とは思うように話せないという人には営業に仕事の適性は無いというものです。
言うまでもなく、適性以外でも仕事を選択する基準はありますが、考慮の一つにはなります。
勘違いしてはいけないのは、仕事の適性を最優先してはいけないと言う事です。
大学の就職課の方針などで、適性検査を受けてから就職活動をすることが推奨されることがあります。
しかし、適性検査で出た結果をうのみにして仕事を選ぶことが、正しい選択とは限りません。
適性検査の結果、経理関係の仕事の適性が高いと出たとします。
自分ではあまり経理など好きではないし、そもそも数字をいろいろとやるのは好きではないとします。
もしも適性がある分野が指定されても、それ以外の職種がいいと思うなら、後の判断は自分次第です。
勿論チャレンジしてみたいと言う人がいればよいことだと思います。
適性検査の内容は従わなければならないというものはなく、自分自身の意欲やその他の要因も相まって仕事は決定するものです。

仕事の適性と検査

適性検査の結果を根拠にして、自分の仕事を選ぶというやり方が浸透しつつあります。
仕事の適性を調べるための検査があり、適性検査と呼ばれています。
企業によっては人材を選考する際の採用基準にしているケースが多いといいます。
適性試験を採用試験の一部に組み込んでおり、結果を採用判定に反映させるという会社があります。
会社が人選する場合に使われるだけでなく、自分の仕事に対する適性を見るために適性検査を受ける事もできます。
自分がどんな仕事だと相性がいいのか知るために、適性検査を受けて客観的な結果を知りたいという人がいます。
せっかく会社に採用が決まっても、数カ月たつと仕事が肌に合わないからと辞めてしまうという人もいるようです。
入社する前は自分では仕事に適性があると思っていたのに、自分の能力を発揮できていないこともあるでしょう。
適性があると思ったのに自分の特性を活かせないといった話はよく聞くことでは無いでしょうか。
適性を正確に理解していなかったために、自分の適性とマッチしていない仕事についてしまったというエピソードもあります。
仕事の適性検査によってこのタイプの仕事が合っている言われたから職業に就くというのでは無く、自分の性格や能力などを確認する為に適性検査を利用するべきです。
適性検査が契機になって、新しい職種に目が向くこともあります。
これまでは考えたことがないジャンルに自分の適性があることもありますので、検査を受けてみると興味深いかもしれません。

仕事の適性とキャリアプラン

仕事を決める時には、自分にどんな適性があるかを知ることが大事です。
適性がわかったら、将来のキャリアプランを作成しましょう。
仕事を始めてみたものの、想像していた仕事を違うからと、ほんの数ヶ月で退職してしまう人も多いと聞きます。
せっかく入社したのに、早期に退職してしまう人が年々増えているとも言われています。
転職に対する抵抗感も、以前と比べて随分と少なくなっているのも事実です。
一度も転職をせず、定年まで一つの会社に勤め続けるという人は最近では少数派になっています。
転職そのものが一般化してきているようです。
転職は普通になってきているのは事実ですが、あまりにも短い期間で転職を繰り返していると仕事の適性という事以前に、人間性を問われてしまう可能性もあるので、あまり良い事ではありません。
自分の適性を知り、キャリアプランをつくって、転職する時もそこから外れないようにすることで、自分の思い描いた生き方ができると言われています。
キャリアプランとは、自分の適性や将来への展望、どんなことを優先して生きていきたいかによって仕事への考え方をまとめることです。
学生時代の生活を振り返ってみて、自分の満足度はどのぐらいだったか確認していきます。
子供の頃から今に至るまでの間に出会ってきた人の中で、特に影響を受けた人について調べることもあります。
成功体験や、失敗体験など、今まで培ってたことを一つ一つ思い出していきます。
過去の実績や経験にはどんなものが含まれているかも思い出してみましょう。
過去の人生を振り返りながら将来について考えるための材料としていきます。
将来の人生を考えることで、就きたい仕事や、仕事で自分がやってみたいことが考えられるようになります。
今後、どういった人生を歩んでいきたいかをキャリアプランで形にすることによって、自分の適性を仕事の中にどう生かしていくかが考えられます。


ページの先頭へ