―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

旅人が語る不運は次へのステップ

「餃子」を好きという人もいるだろうし、嫌いという人もいると思う。なにも思わない人も。アナタが感じる「おむすび」って、どうなんだろう?
トップページ >

ページの先頭へ

泣きながら踊る家族とわたし

友人のアパートのベランダにて育っているトマトは、不幸なミニトマトなのかもしれない。
ぎりぎりまで水分を与えなかったり、ワクワクしながらお茶をあげたり、コンソメスープをプレゼントしてみたり。
ほろ酔いの私と彼女に、焼酎を与えられたこともあり。
トマトの親である彼女は、次回興味でトマトジュースをあげてみたいらしい。
もはやミニトマトの意思は完全に関係ない。

前のめりで体操する彼と横殴りの雪
人間失格を読んで、葉ちゃんの想いも分からなくはないな〜と考えた。
主人公の葉ちゃんは生きる上で必ず持ち合わせている感覚を、豊富に抱えている。
それを、自分の中だけに積み重ねないでアルコールだったり異性だったりで発散させる。
クライマックスで、居酒屋のマスターが、「葉ちゃんは飲んでも飲まなくてもいい子だよ」と話す。
その部分で、主役の葉ちゃんは器用ではないんだと、本当に悲しく思ってしまう。

雲が多い祝日の深夜はカクテルを

一般事務で頑張っていた時の大好きな先輩は、親が社長で、誰が見てもセレブそのものだった。
小柄で素直でハイテンションで、動物愛護の先輩。
動物愛護グループなど立ち上げて、そこそこ運動を行っているようだった。
毛皮反対、ヴィーガン、動物実験反対。
一度マンションに遊びに行ったことがあった。
都心にあるマンションの最上階で、六本木ヒルズが見えていた。
先輩は、手入れの行き届いた清潔なシャム猫と仲良しだった。

涼しい休日の夜は昔を思い出す
友人とお昼時に遊びに行こうと約束をしていた。
福岡駅のいつも通りの大きめのテレビ画面の前。
待っていると、少しばかり遅刻すると連絡がきた。
テレビ前は合流地点なので、人々はどんどんどこかへいってしまう。
iphoneでミュージックを聴きつつ、景色を見ていた。
それでも退屈なのでたまに行くカフェに入り、ジンジャーエールを飲んでいた。
しばらくして、友人がごめん!と言いながらやってきた。
今日のお昼は?と聞くと、パスタがいいかもとの事。
色々探してみたけれど、どこが良いのか探しきれなかった。

喜んで泳ぐ兄さんと枯れた森

出張に行くと、三日くらい泊まり込む場合もある。
とても、意欲は持っているけれど、常に気を張っているので、ほとんど眠れない。
起床予定時間のかなり前にもかかわらず、眠いのに目が覚めてしまう。
だけど、終わった時の達成感は最高だ。
思う存分豪遊するし、眠れるし、食べたいものを食べる。

熱中して叫ぶ子供と公園の噴水
少し前まで、会社に入って多くの人に囲まれて仕事をしていた。
だけど、何年かすると、仲間とチームワークを組んで働くのが向いていないと痛感した。
縛られる時間が長く、チームを組んで進めるので、仕方のない事だが、噂話が頻繁。
それを聞きたいと思えば世渡り上手になれるのかもしれない。
どう考えても、本人の自由では?としか思えないのだ。
そして、作業が遅い人に合わせて進めるという我慢ができない、早い人に合わせられない。
まともな人は、努力が足りない!と思うかもしれないが、家族にはそういう運命だと言われた。

涼しい週末の明け方に歩いてみる

わたしは、アレルギーで、コスメはほとんど使用できないし、ケアも限られている。
そのことから、果物や飲み薬の力に頼ることになるのだが、ここ最近摂っているのがコラーゲンだ。
ジュースに溶かして、毎朝愛飲しているけれど、少し肌がハリが出てきた。
そして、飲み始めてから効果が出るまで、即効性があったので、びっくりした。

自信を持って自転車をこぐ兄さんと草原
旅行でも仕事としてでも、韓国への渡航回数が多い。
縁があるのは、日本から近いプサン。
観光ももちろんだが、特に女性はスキンケア商品や服など興味を持っている人も多いだろう。
この国では外見へのこだわり、つまり外見を磨くことに関しての熱は素晴らしいといわれる。
転職や、結婚の際に、日本よりもあからさまに判断するシチュエーションが多々あるとか。
自然と、韓国で販売されるケア用品は、肌に良い成分が日本の物より多く含まれているらしい。
という事から、合う合わないは出てくるものの、使用後は期待してもいいだろう。

前のめりでダンスするあなたと夕立

昔からお肉をそこまで食べられないので、食生活はどうしても魚がメインになる。
なので、この季節の、土用丑の日は、私にとってのイベントごとだ。
東京の方でうなぎを開くときには、背開きという習わしがある。
なぜか説明すれば、江戸の頃より武士文化だったので、腹開きだと切腹につながってしまい、タブーなため。
反対に、大阪の方で開く鰻には、腹開きである事が習慣。
説明すると、西の方は商人文化の場所なので腹を割って話しましょうと言う意味につながるから。
逆説で、自腹を切るの意味にも通じるので、状況によっては良くない場合も。
説明すると、西の方は商人文化の場所なので腹を割って話しましょうと言う意味につながるから。
逆説で、自腹を切るの意味にも通じるので、状況によっては良くない場合も。
こちらの豆知識は、バス会社で働いていた時に、常に、ツアー客にしゃべっていたお話です。
渋谷駅よりスタートして、静岡の三島のウナギを食べに向かおうというコース。

雨が降る平日の日没は食事を
ネットニュースを毎日見るけど、紙の媒体を読むのも好きだった。
今は、費用がかからないで見れるネットニュースが色々あるので、新聞、雑誌はお金がかかりもったいなくて買わなくなってしまった。
けれど、読み慣れていたからか、新聞のほうが短い時間で多くの内容を得ることができていたけれど、ネットのほうがつながりのあるニュースをおっていくことが出来るので、濃いところまで調べやすいことはある。
一般的な情報から関連した深いところまで見つけていきやすいけれど、受けなさそうな情報も新聞は目立ちにくいぐらい小さくてものせているから目につくけれど、インターネットだと自分でそこまでいかなければ目につかない。
ごく最近では、アメリカ合衆国のデフォルトになるかもという話題が気になる。
債務不履行状態になるわけないと普通は思うけれど、もしなったら、他の国もきっと影響を受けるし、そうなれば、自分の収入にも関係してくるだろうから気になってしまう。

カテゴリ

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

カテゴリ

Copyright (c) 2015 旅人が語る不運は次へのステップ All rights reserved.