―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

旅人が語る不運は次へのステップ

「冒険」のことの本を書く事になったら、どういったことを書く?「漁師」の成り立ちとかだろうか。もしくは、一個人の観点からの意見だろうか。
トップページ >

ページの先頭へ

薄暗い水曜の午前は歩いてみる

ちかちゃんの恋人であるSさんが経営する食品会社で、毎回梅干しをお願いしている。
アルコールが入ると電話をかけてくれるSさんが可愛がっている部下のEくんは、言ってることが分からな過ぎてトークがかみ合わない。
ノンアルコールの時の彼は、わりとあがり症らしくそんなに多くは返答してくれない。
したがって、私はEくんとは話したと言えるくらい会話をしたことがない。

気分良く叫ぶあの人と横殴りの雪
太宰治の、「斜陽」は、何回も読めると思う。
戦前は良い所の娘だったかず子が、根強くて負けない女性に豹変していく。
だんだん素敵だと思ってしまった自分。
かず子のように、誰にも恐れない気の強さと、強引なくらいの我が終戦後は必要不可欠であったのだろう。
だけど、上原の奥さんからするとウザいだろうと思える。

気分良く熱弁する母さんと夕立

まだ見ぬウォッカの国、ロシアに、いつかは行ければと夢を持っている。
学校での英語学習に飽き飽きした時、ロシアの言語を勉強してみようかと思い立ったことがある。
だがしかし、立ち読みしたロシア語の初歩的なテキストだけで一日で辞めた。
verbの活用が突き抜けて例外だらけだったのと、会話の巻き舌も多い。
旅行としてスピリタスとビーフストロガノフを楽しみに行きたいと思う。

勢いで叫ぶあいつと僕
お気に入りの歌手はいっぱい居るけれど、近頃は外国の音楽ばかり選んでいた。
しかし、国内の歌手の中から、好きなのがcharaだ。
charaは多くの楽曲を出している。
有名なのは、シャーロットの贈り物、月と甘い涙、DUCAとか。
私たちの国、日本色々なアーティストがいるが彼女はcharaは周りに負けない個性がキラリと輝いている。
この国には、世界中で活躍する歌手も多いが、彼女も人気が出るような予感がある。
あたしなんで抱きしめたいんだろう?あたしを無人島に持って行って
こんなタイトルが考え出されることにビックリする。
多くの作品の曲作りもしていて私の意見としては感受性がありカリスマっぽい才能があると思う。
JAMのユキとコラボレーションし、作った「愛の火、3つ、オレンジ」も、印象深い。
2人とも可愛かったから。
誰しも一回くらい、思う、思われたいような事柄を、工夫して一言で表しているから。
キャッチフレーズのコンテストなどに入賞されそうだ。

陽気に大声を出す彼と履きつぶした靴

チカコと福岡市内のアバクロンビーにショッピングに行った。
私はアバクロンビー&フィッチのファッションデザインがお気に入り。
そして、入った時の空間デザインと、満ちている匂いが。
3時間程度うろうろして、Abercrombie & Fitchを出た。
気付いたら、私が歩道をふさいでいたので、ごめんなさい!と言って振り返った。
見たら、店に来ていた男性。
笑いながら、いえいえ、など言っていた。
驚いたのは、抱えているショップ袋。
アバクロンビーでいったいどれくらい購入したの?と聞いてみたかった。
その後、スタバでちかことその男の人の収入当てで話が弾んだ。
本当の事は謎だ。

雲の無い祝日の夜は昔を思い出す
ここ最近のネイルサロンは、3Dアートなど、かなり高度な技が駆使されているようだ。
ちょっとだけ安くしてくれるインビをいただいたので来店した。
思いっきり、柄やシンプルさに対して、優柔なので、決めるのに時間を使った。
小指だけ特別にアートをしてもらって、凄くテンションが高くなった。

無我夢中でお喋りする兄さんと冷たい肉まん

晩酌などの酒のお供に、ローカロリーで体に良い食材を!と思っている。
しばらくのお気に入りだったのは、トマト。
その前はマグロ。
それから、直近では湯葉だけれど、少々高めなのであきらめた。
そして、新しいメニューを考え出した。
だいたい100円しないくらいのエリンギ。
細かく刻んで、バターで炒めて、味の素と醤油を少々ふりかけて味付た物。
じゅうぶん値段は低いし、カロリーも低い気がしませんか。

雨が上がった水曜の深夜は昔を思い出す
小さなころから、肌がまったく丈夫じゃないので、すぐにトラブルが起きる。
それもあるし、ボディーソープの体に残る感じが好ましくない。
だけど、真冬は思いっきり乾燥しまくるので、無添加に近い化粧水を使用する。
これらの製品の驚くべき点は、価格設定がとても高すぎるところ。

気どりながら叫ぶ兄弟と霧

同僚が此の程チヌ釣りに出向いたらしいが、何匹しかあげれなかったらしい。
小魚がたくさんで、フカセ釣りがやりにくかったらしい。
しかし外道だがイノコの50cmオーバーが釣れたらしいから、いいなと思う。
いつだったか、いただいて刺身で口に入れたがとっても好みだった。
そんなのがきてると知ったらすぐにでも行きたいが、もう少し我慢して今度だ。

息絶え絶えで大声を出す君と観光地
だいたい、残業やするべきことに追われてしまい、そんなにフリーの時間が持てない。
ちょっとだけ空き時間が手に入っても、自然と次やるべき仕事の納期など、何かしらの期限が頭の隅にある。
そんなときに、丸一日など休みができると、とても喜んでしまう。
よ〜し、この空いた時間を何に費やそうかと。
結局いつも、あれしたい、これしたい、といった願望のみが重なり、全部は上手くいかない。
何をしていても私は行動が遅いので、あっと言う間に時は経過。
時は金なり、なんて本当に事実だと感じる。

カテゴリ

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

カテゴリ

Copyright (c) 2015 旅人が語る不運は次へのステップ All rights reserved.